7歳以上の猫に多い慢性腎臓病

「7歳以上の猫に多い慢性腎臓病」のイメージ画像

あなたの猫ちゃんは健康ですか?
毎日一緒に過ごしているから愛猫の健康状態はちゃんと見ている!大丈夫!そう思っていても実は猫ちゃんの健康状態は悪化している可能性があります。

もしも、最近水を飲む量やおしっこの回数が増えた、おしっこの色が薄くなった、元気がない、体重が減った…といった変化を感じた場合には「慢性腎臓病」の可能性があります。
慢性腎臓病とは、7歳以上の猫に多く見られる病気で、腎臓の機能が低下して体内に毒素が溜まってしまう病気です。
また、腎臓は一度機能が低下すると元には戻りませんので、慢性腎臓病になった場合には症状を進行させないように維持していくこととなります。

愛猫が慢性腎臓病になってしまった場合、症状の緩和や進行を抑える治療を行ないます。
治療にはいくつか方法がありますが、ポピュラーなのはセミントラなどの薬を用いた治療方法です。
セミントラは尿中のタンパク質漏出を改善させることで腎臓への負担を軽減する作用があります。毎日投与を続けると腎臓病の進行となる要因を抑えられるため、残りの腎機能を守ることができます。

なお、セミントラは動物病院で処方される医薬品ですが、現在では個人輸入の通販での購入も可能です。愛猫と1日でも長く暮らすためにもぜひセミントラを取り入れましょう。

セミントラは慢性腎不全を発症している猫におすすめのお薬です。わんにゃん薬局で販売されています。